石川さとる

写真家
キャリア 31年
日本語 (流暢)、 英語(日常会話レベル)
親和的
個性的
もの静か
談笑好き
カジュアル
フォーマル
社交的
保守的
協調派
こだわり派
出身地
日本、静岡県
今住んでいる場所/街で一番好きなところ・穴場
路地、そしてそこに住んでいる人が見える場所がいいですね。
ニューヨークのストリートの持ち味は、その無造作感だと思います。
整いすぎていないところ、石や鉄やレンガなどの素材が見えるところが好きです。
そこにジャズでも流れていれば最高です。
今まで行った中で一番好きな旅行先とエピソード
サハラ砂漠の砂の上で、寝袋にくるまって寝たこと。
翌朝、寝袋を片付けようとしたら、その下にサソリが潜り込んでいました。
きっと寒かったんでしょうね。
好きな食べ物
深煎りコーヒー、日本食、イタリアン、赤ワイン
好きな季節
冬です。
ニューヨークの街に似合っていると思います。
マンホールの白い湯気、凍てついたアスファルトに響く靴音がコツコツとしてくるんです。
好きな色
黒、白
好きな言葉
人からしてほしいと思うことは、人にもしなければなりません。
趣味
サボテン鑑賞
長所・得意なこと
なるべく感情移入をしたいと思っています。
人にも街にも。
散歩しながら、面白い発見をするのが好きですね。
短所・苦手なこと
難しい言葉が使えないことです。

ストリートさんぽの魅力にハマる旅を

トラベラー参加形態

友人・同僚と
ひとりで
カップルで
夫婦で
家族で
小さな子供連れで
得意分野(仕事編)
ニューヨークの一番の魅力はストリート、というのが私のポリシーで、そこで遭遇する『モノ』『コト』『ヒト』を撮り続けてきました
得意分野(プライベート編)
世界中の人が生活しているニューヨーク。
肌の色、文化、宗教は様々です。
でも同じ人間。
笑顔で話せば通じ合える瞬間があると信じています。
この仕事に就いたきっかけを教えてください
10年ほど前、『NYのおさんぽ』という本を竹書房さんから出版させていただきました。
それ以前にも15年ほど、ニューヨークの日系地元紙『読売アメリカ』の記者カメラマンをしていた時代に、路上スナップを綴ったコラムを受け持っていました。
どちらも路地歩きの魅力を取り上げたものです。
せっかくニューヨークに旅されるのであれば、是非ストリートを歩いて空気感を味わってほしいとの願いから、カメラマンが街を案内するこのツアーの企画が生まれました。
仕事のやりがい、やっていて良かったと思うことは?
参加される方は家族だったり、新婚旅行だったり様々ですが、皆さんの写真を撮って差し上げる機会が多々あります。
そんな1枚の写真が旅の思い出になってくれていると思うと嬉しいです。
自由の女神やエンパイアステートビル、タイムズ・スクエアだけでは感じられない心境、『自分は今ニューヨークを旅してるんだなー』という気持ちになってくださる方が多いので、やりがいがありますね。
いつも心掛けていることは何ですか?
4~5時間のお散歩ではありますが、ニューヨークのカッコよさ、熱気とパワー、そして日常を肌で感じていただければ嬉しいです。
目標や夢を教えてください
ニューヨークの街は今、商業化によってどんどん『らしさ』が失われていっているように感じます。
でも、そこに住む人々の本質やニューヨーカー気質は健在です。
歩いて初めてそのことを実感できます。
案内するストリートをさらに開発、発見して、コースに磨きをかけたいです。
お客様にメッセージをお願いします
たかが『おさんぽ』、されど『おさんぽ』。
さあ今日は、どんな物語に出会えるでしょうか?
焦らず、一歩一歩。
そして、きっと心がニコッとするシーンに出会えます。